消費者金融で総量規制対象外のローンがある?

MENU

消費者金融で総量規制対象外のローンがある?

消費者金融は貸金業者ですから、当然貸金業法の規制を受けます。取り扱うローンでは、貸金業法に基づいた商品展開となっているのです。しかし、貸金業法の改正は利用者にとって利点があるということ、利用者を保護することが主な目的となります。そのため消費者金融のローンの中にも、貸金業法の総量規制での額を気にせず申し込みができるものがあるのです。

 

消費者金融では借り換えローンやおまとめローンは、利用者にとってメリットがある借入となります。金利が低くなることで、返済しやすくなるため、借り換えローンやおまとめローンは貸金業法に基づいていますが、総量規制の例外となります。年収の3分の1を超えた額でも、おまとめや借り換えローンなら貸金業者である消費者金融でも利用できます。

 

総量規制によって借りにくくなったと考えている方も多いのですが、実際には安心して借りられる理由となる上に、自分とってメリットのある借入ならその金額を超えることもできるというものなのです。

 

消費者金融では、おまとめや借り換えローン以外では貸金業法の規制を受けますが、利用しやすいサービスやローンを取り扱っています。すぐに借りたい時に消費者金融の申し込みから借入までの時間の短さは、頼りになる存在となってくれます。必要な金額によっては、総量規制のことを特に気にしなくても消費者金融のローンが最適というケースもあります。借入希望額やローンの利用方法によって、借入先選びの範囲は狭めないほうがよいこともあるでしょう。